よろしい、ならば間接照明だ

2011年01月24日 22:11

部屋をオシャレにするにはどうすればいいのか!?
どうも部屋をただ片付けてもオシャレにならないことに
一人暮らし6年目にしてようやく気付き始めたわけである。

せっかく大画面テレビまで買ってゆっくり楽しめる環境を作ったのに
部屋を暗くすると真っ暗でく結局つろげないという残念な状況
(テレビは部屋を明るくして離れて見てね!)

どうもテレビの裏に照明を用意して背面を照らしてやると
明度差が緩和されてよいらしい(IKEAのサイトにも書いてあった)

ふむ、こうしてIKEAのモデルルームや、オシャレ部屋の写真を見ていると
確かにテレビやものの影にライトが設置されていていい雰囲気である
カフェとか、ホテルの部屋のようでくつろげそうだ


そこで俺は気づいた!
オシャレ部屋の第一条件はシーリングライトじゃなくて間接照明だ!
ついに秘密に気づいちまったぜ…

天井から部屋を隈なく明るくするのではなく、暖色系のライトを使用し
壁などに光源を向けることで、部屋に立体感をだす、らしい。

そうと決まれば、早速ニトリである。北海道からやってきた貧乏人の味方である。

P1240373.jpg
ニトリでセール品だったクリップライトを二つ用意してカーテンレールに固定。
クリップにはゴムが貼りあわせてあってすべりにくい良心的設計。
電球は別売りだが、合わせて1000円ほどと非常に財布に優しい。

P1240374.jpg
ゴム版を挟んでしっかりと固定。
ある程度幅が無いと逆にクリップがぐらついてしまう。

P1240385.jpg
Before



P1240384.jpg
After




お、おお…思ったより効果があるぞ?
スポンサーサイト