--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキュリティ2007

2007年03月31日 20:30

ようやっと時間を作ってみたので、少し昨今のセキュリティソフトについてまとめてみようと思う。参考になれば幸いである。

ちなみにaojimaの結論は無料の「avast!」か買うなら「カスペルスキー」。あまり知識がなくて怖いって人は素直に「Norton360」でも買っとけ?な?詳しくは後述するので暇なら読んでみると参考になるかもしれない。使用実態ごとのお勧めも一応考えてみるので。

頼ると危険?無いより入れよう ウイルスセキュリティZERO
http://megalodon.jp/?url=http://kettya.com/review/virus/&date=20061125160802
(ソースネクストのウイルスセキュリティZEROは)結論を言えば、ウイルス検知力はかなり低い 危ないレベルといえそうです(^^; セキュリティソフトとしては致命傷です。 
とあるように、実際に使用してみての感想を分かりやすくコメントされてます。一方的にけなすのではなく、その利点を生かす環境があることも述べてはいますが、やはりお勧めできない一品なのは確か。

ある程度知識を持っている人が、その「どこまで役に立つ」かを把握して使用する分には問題ない、と言うことでしょうが、それはどんなソフトでも同じだしな。

勝手に ウィルステスト
http://ratan.dyndns.info/avast4/virusest.html
http://ratan.dyndns.info/avast4/2007SN-ZEROA.html
上記スキャン結果で深刻なのは、以下のワームウイルスに感染している点です。(中略)パターンファイルで対応出来ないパソコンウイルスはある程度致し方ないとしても、対応出来ないパソコンウイルスが多すぎる、、これらに付きましては販売元でも把握はしているはずです。にも関わらず一向に改善しないのは何故か。・・・あくまでも推測にすぎませんが、パソコンウイルスに感染した事を利用者に知らせず、知らせたいのは調子の悪くなったパソコンユーザーに対してデータをバックアップさせる事が出来るツールやハードウェア等の販売案内だった・・


実際にウイルスを同条件で検査させ、比較しているサイト。メジャーなタイトルはほぼ網羅されているのでかなり役に立つ。ここでも行けばわかるが、「ウイルスセキュリティーZERO」が・・・。

それぞれのソフトの癖や、簡単な紹介、感想もあるので是非一読すべきだが、どれが良い、という結論を出しているわけではないので初心者は混乱するかも。そういう人向けはもう少し後で触れます。

買ってはいけない!ソースネクストのウイルスセキュリティ
http://kazabana.tea-nifty.com/databackupmemo/
以下はリンク先でも取り上げられている内容は『日経パソコン』2006年11月13日号で行われたウイルス対策ソフトテストの記事内容からの引用。
 今回テストしたウイルス対策ソフトは5製品。使用したウイルス検体は、最近、複数の感染例が確認されたウイルスを中心に719種類。The WildList Organization Internationalという国際団体が所有するウイルス検体を使いました。
 結果を見て、がく然……。5製品中3製品の検出率は100%、1製品は99.6%。しかし、残りの1製品であるソースネクストの「ウイルスセキュリティZERO」の検出率は81.2%。719種類のウイルス中、135ものウイルスを見逃したのです。これほどの差が付くとは、私も担当記者も想定の範囲外。予想をはるかに超えていました(詳細は『日経パソコン』2006年11月13日号をご覧ください)。


これを踏まえての記事となっています。かなりの参照サイトへのリンクが張られているので、こちらからたどれば大体の概要がつかめるはずです。残念ながら、現状のウイルスセキュリティは購入を選択するに値しないといって差し支えないのではないだろうか。との結論。

理由はやはりあまりにも低い検出率にあります。他の会社が何度も100%をマークするようなテストで、悠々とこんな数字をたたき出すようでは、ということらしい。Microsoftからも認めてられてないというのはなかなか衝撃的。

改訂:ウイルス対策ソフトは何がいい?
http://iwata.way-nifty.com/home/2004/11/1103.html
2006.11に追記がなされています。初心者にも分かりやすいように、細かい情報まで網羅してあるのでやや読むには疲れる量ですが、かなり参考になります。

最強はどれ? 2007年版セキュリティソフト徹底比較
ITmediaの記事。報道サイトの特集なのでネガを叩くような形ではなく、それぞれの長所を押しながらも、分かりやすく比較されているので一読の価値あり。

よくわからない、と言う人はこういったサイトの方が信用できるものなのかもしれませんが・・・。2007に絞ってあるのでそういった意味でも。
(前編)1/3 (前編)2/3 (前編)3/3

(後編)1/3 (後編)2/3 (後編)3/3

現在2006年度版お使いの方向け(※もちろん更新期限ある人で)、2007年度製品への無償アップグレードが可能になりました。

NIS2006を持ってる人は実は無料で2007にできるんですよ、という記事。知らない人のほうが絶対に多かったはず。

自分もこの記事を読まなきゃ知らなかったぞ・・・2007にすると軽くなるという最大のメリットのほか、表示も分かりやすくなってるので是非。ただし、2006では搭載されていた一部機能がデフォルトで削除されている。普通に使う分にはあまり関係ないハズですが、それが目的の人は注意が必要。
http://www.symantec.com/ja/jp/home_homeoffice/support/special/upgrade2007/index.jsp

ウイルス対策ソフト乗り換え案内(1):日経パソコンオンライン
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20061114/253695/

パソコンが遅い!軽いソフトが欲しい
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20061114/253697/

ワクチンソフト-販売数と検出数のランキング-
http://megalodon.jp/?url=http://rblog-sec.japan.cnet.co........

ウイルス対策ソフト比較
http://www10.plala.or.jp/palm84/antivirus.html
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://skyblueprison.blog4.fc2.com/tb.php/381-3e3f9b93
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。