--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメロサマーライブ~the bridge~

2005年07月11日 01:03

行ってきました!the bridge in代々木第一体育館。
秋葉原にて同行するtikoと合流、自分は栗林のための
黄色サイリウム等の準備を整え原宿駅へ向かう。

代々木体育館は原宿駅からすぐそこなのだが、
かなり人が集まっている様子が見れる。
改めてちょっとどきどきしてきた。

会場外の物販を一回りしていざ入場。デカイ!おもわず
身震いしてしまう。中央に長い花道、脇にも花道と
ミニステージが用意され、ステージ脇には巨大スクリーンが
設置されている。自分たちは2階席の上のほうで良席では
なかったがちゃんとステージも見えるしけして悪くない。
見渡す限り人もかなり集まってるし、さらに気分が高揚してくる。
やべえ、オラわくわくしてきたぞ。16:00ちょっとすぎ、
ついにスタート!カウントダウンも始まり、ボルテージは
一気に最高潮へ!そして出てきたのは奥井&水樹!!!

01 TRANSMIGRATION(奥井&水樹)
で、知らない曲orz
一曲眼はinnocent starterと踏んでたのでありゃっ、という感じ。
あんま乗り切れてなかったかも

02 輪舞~revolution(奥井)
これは知ってる曲。かなり盛り上がる!
テンションも一気に上がり隣人とシャウトし始める。
知ったかぶりしていちいち解説してごめんなさい、tiko氏。
興奮してて錯乱してたんです。

03 A confession of TOKIO(奥井)
こちらは最近の曲だけど、すごい好きな曲なので思う存分はしゃぐ。
いきなり間なしで奥井連発にビビる。すげえや。

04 TRUST(奥井)
イントロの瞬間二人でキタ――――( ゚∀゚)――――――!!
と大はしゃぎ。もちろん演奏中も大はしゃぎ。
サイリウムを思う存分振り回す。

05 OPEN YOUR MIND ~小さな羽ひろげて~(石田)
イントロの瞬間ふ(ry 石田さんも歌うまい。
けして音響の環境はよくなかったのにすごく声が通る。
ああっ、女神様は先日最終回を迎えましたよ?まだ全然見てねー。

06 情熱の女神(石田)
ごめん知らない。でもうってかわりかなりハイテンポな曲。
ノッたもん勝ちです。ノリノリでしたよもちろん。

07 残酷な天使のテーゼ(奥井&石田)
観客の度肝を抜いたいきなりの曲。
このユニットにもびっくりだが、いやほんと驚いた。
と同時に観客全員で大盛り上がりですよ。
最高でした!

08 ウィーアー!(高橋&きただに&遠藤)
さらに度肝を抜いたこの曲。まさか!と思うも一気に
会場はヒートアップ!大合唱に!ウィーアー!!

09 KUJIKENAIKARA(栗林&下川)
こうきたか、と。このユニットはよかった。
でも前が凄かったから影が薄い感じは否めなかったような
気もしないでもない。つーか覚えてねえ。
すでにこの時点で疲労が見え始める。やばい、死ぬ。

10 CHA-LA-HEAD-CHA-LA(影山)
キタキタキタキター!!ボルテージマックス!大合唱!
最高でした。一番気持ちよかった瞬間のひとつだった。
体力がまだあったし(ぉ
むしろ影山さんが死にそうになってた。走りすぎだよ長老w

11 夢光年(影山)
影山のアニソンデビュー曲。なんか、凄い。ギターで弾き語り。

12 JUST a Survivor(鈴木)
かっこよかった。声がいきなりうおおーからキャーになった。
一曲だけってちょっとカワイソスな気がするな、今となると。

13 Tomorrow?(下川)
無印フルメタのEDかな?聞いたことがある。
ていうかフルメタ見といてよかったー、と思った。

14 南風(下川)
次回策TSRのOPなのかな?みくにさんは声量が
ちょっと足りない感じだったけど、よかったですよ

15 遙か、君のもとへ…(高橋)
16 ?(高橋)
17 君に会えてよかった(高橋)
あえてスルー。全然わからん。でもかっこよかった。
腐った人たちが騒ぐのも無理はない。
便乗してキャー、とか言ってた。

18 FLY AWAY(unicorn table)
キター!っていうかこれくらいしかまだ代表曲無いかな?
最初の出だしの感じとかたまらん。いまさらだけど、
やっぱ生で聞くのは違う!

19 嵐の中で輝いて(米倉)
代表曲らしい、知らなくてちょっとついてけなくて
悲しかったけど、後半はノリノリだった。
疲労が第二段階に突入してきた。やばい。
時計を見ても半分言ってない、てゆーかJAMまだじゃん。
体力がかなり心配である。

20 永久の花?(米倉)
わかんない。もっとちっひー聴いておけばよかったよ。
しかたないのでチッヒー!とシャウトしておいた。

21 WILL~Little Soldier~僕のスピードで(米倉・メドレー)
スペシャルメドレー。あ、わかんない曲ばっかだけど、
でもいい曲ばっか、ていうか歌うめーな、どの人も。当然だけど。
栗林のヘボさが浮かないかとどうでもいい不安に駆られる。

22 ウタカタ(近江)
引き語り。デビューしたて、初ライブ出演ということもあって、
会場からはがんばって、と暖かい声援が飛び交う。
すごいいい曲だった。そして歌もうまかった。
サイリウムをマッタリ振ってた。終わった後は暖かい拍手。
楽屋に戻った後号泣しちゃったそうな。

23 まぼろし(can/goo)
キター!でもなんか音が変だーッッ!
いまいちノリ切れずに終わってしまう。ありゃりゃ。

24 教えてあげる(can/goo)
最も盛り上がった曲のひとつ。
曲を聴いてみればその理由はわかってもらえると思うが。
マイクパフォーマンスがうまい。
会場をうまく煽り上げみごと大盛り上がり!
これでcan/gooファンになった人も多い模様。(2chスレより

25 Precious Memories(栗林)
キッターキターキター!ついに登場。
相変わらずエロい服。つーかスタイルがいい、相変わらず。
俺大はしゃぎ。 みなみーッ!を連発。

26 新曲(栗林)
タイドライン・ブルーOPと思われる。わかんなくてショボーン

27 マブラヴ(栗林)
キタキタキタキタキタアーーーーー!まさか!
これを歌ってくれるなんて!ていうかアニソンじゃないし。
知らん人も多いと思われるが俺は必要以上にハイテンションに。
今回の最大の収穫のひとつです。生マブラヴ。
ごちそうさまでした。最高です。

28 SKILL(JAM)
会場のボルテージは一気にMAXへ突入!知らん奴は聴け!
OH~OH~OH~OH~~~!!!I can fly!HEY!(ry
これが聴きたくて今日は来たんだ!会場はもう全員でシャウト!
息もぴったりですよ!あの人数が!鳥肌が立った。
ヤバイ、やみつきになるよこれは。

29 限界バトル(JAM)
意外な選曲。でも問題なし!同じようにシャウト!
こぶしを突き上げ大合唱だ野郎共!!!!

30 迷宮のプリズナー(JAM)
今回の目的その3。痺れた。鳥肌が立った。もう大満足。
最高だよ!やっぱJAMは最高だよ!
会場も疲れを吹き飛ばしさらにヒートアップ!
いや、知らん奴は聴けって。メッサーイアー!

31 VICTORY(JAM&石田&米倉)
うわああああああああ!もうやばい!最高すぎ!
自分の力のあらん限りを振り絞ってシャウトしてきました。
腹筋が痛かった。V・I・C・T・ORY~!3・2・1・0
NeveGiveUp!!!!OhYeah~~!!!!

32 I can't stop my love for you (愛内)
ここできたか!JAMで燃えつきかかった観客を引っ張り
さらにボルテージを上げていく!いや、すげえわ。

33 恋はスリル、ショック、サスペンス(愛内)
もうこの辺でグロッキーになりかけるが、
盛り上がらないわけにはいかないほハイテンション、
ノらなきゃ嘘だぜ。てゆーか喉は勝手にシャウトしてる。

34 still in the groove(水樹)
遂に登場。予想されてた曲が大当たり。予習しといてよかったあ。
終始ノリノリ。もう限界値振り切ってる。余裕で。

35 take a shot(水樹)
あ、知らない。ショボン。でも周りに合わせて盛り上がるぜ。
こういうときは奈々ちゃ~んッッ!とシャウトしてごまかす。

36 WILD EYES(水樹)
もう何も言うまい。舞台を端から端まで駆け回ってた。
すげぇ。もうのどからカスレ声しかでなくなってる。
でも俺たちはこぶしを突き上げ叫ぶ!

37 POWER GATE(女性全員)
もう、たまんねっす。最高でした。みんなでシャウトしました。
あまり覚えてないのは、意識が朦朧としてたからか?

38 ONENESS(全員)
全員で手を振って、大合唱。名曲だ。感極まる。
おれ感動しちゃったよ。CD買って帰ろう。

~こっからアンコール~

全員が戻ってからアンコールすること15分くらいか、かなり長く感じたけど。みな止めない。
おれも時々参加する。さすがに体力がヤバイ

** ACCESS(何人か)
そしたら出てきてくれました!知らん歌だけど。
観客の半分くらい知らんけどノっとけーー!!っていう感じだった気がするぞ。
後から考えればはなからアンコール受ける気だったよな、これ。

** ONENESS(全員)
さらに全員が出てきてもう一回大合唱。もう、感動。最高だよ。
ありがとうアニメロサマー!サンキュー!!とシャウトすること数回。
あ、ちなみに栗林のパートのたびにみな実ー!!
とシャウトしてたら隣のtikoが苦笑いしてた。
最後奥井さん泣き出しちゃうし、なんか俺も感動した。
最高だ!本当に来てよかった!これにて終了。
終わってみれば4時間全く休憩無しでほとんど
立ちっぱなし、腕振りっぱなし、シャウトしっぱなし、
アドレナリン出っぱなし。どっと疲労が。
危うく二階席から転がり落ちるところだった。

出口へ向かう。あちこちから3本締めが聞こえるw
戦場のような物販会場で帰りにonenessを購入、
友人宅に無理を言って押しかけ今に至る、と。
あー、疲れた。6500円の価値は絶対にありました。
DVD出たら買うね。ライブって奴に参加したのは初めてだけど、
あの大人数であれだけ一つになれるって、なんかすごい良かった。
生で聞く音楽ってこんなに凄いんだな、とも思った。
来年やったらまたぜひ行きたい。
来年はできないと思ったから今年無理やり参加したんだけども。

感動をありがとう!The Bridge!!!

出演者

奥井雅美
影山ヒロノブ
JAM Project
水樹奈々
高橋直純
栗林みな実
米倉千尋
石田燿子
can/goo
下川みくに
unicorn table
鈴木達央
近江知永
愛内里菜


公式サイト
Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. RT | URL | JalddpaA

    それで6500円は安すぎる。俺も行きたかったよぅ。何で俺は試験とかあるんだ!?羨ましいぞ!?曲目は俺も1/3知ってるかどうか微妙なんだが。。

  2. ION | URL | -

    俺も行けばよかったorz
    まぁ知らない曲ばっかりですけどね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://skyblueprison.blog4.fc2.com/tb.php/98-2d3cf2f2
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。